兵庫県三田市貴志、神姫バス「貴志」バス停すぐの「かみはらペインクリニック」は、痛みに特化したペインクリニック内科、麻酔科、リハビリテーション科のクリニックです。

診療案内

当院の主な診療内容

神経ブロック治療

神経ブロックとは 神経ブロック治療

神経ブロックは神経そのものや神経の近くに局所麻酔薬や炎症を抑える薬(ステロイド)を注射する治療法です。
神経ブロックは「神経に局所麻酔薬を作用させて一時的に痛みを感じなくするだけ=麻酔をしているのではないか?」と思われるかもしれませんが、神経ブロックは痛みの伝わりを遮断するためというよりは、①神経の状態を改善させること②痛い場所の血液循環を良くすることを目的に行います。
神経ブロックを続けることで、神経の状態が改善し、局所の血流が良くなると徐々に痛みが緩和される可能性があります。

硬膜外ブロック

硬膜外

脊髄が通っている管は硬膜という膜に覆われており、その外側に硬膜外腔というスペースがあります。
硬膜外腔に局所麻酔薬やステロイドを注射するのが硬膜外ブロックです。
硬膜外腔は頸椎(首)から仙椎(お尻)までに有るので、頚部から下の痛みには行うことが可能です。痛む場所に応じてブロックするところを選びます。
盲目的にする方法(ブラインド)とレントゲンを見ながらする方法(透視下)がありますが、脊椎の変形が強い人、肥満の人では安全・確実に行うために透視下でのブロックをお勧めします。

▲ページトップに戻る

神経根ブロック

神経根ブロック

脊髄から枝分かれした神経は脊椎と脊椎のすき間(椎間孔)から出て、末梢に至ります。
神経が椎間孔から出た場所あたりで神経の根元に注射するのが神経根ブロックです。
神経根ブロックは透視下に行います。(頸椎ではエコーガイド下でも行うことがあります。)神経根に針が刺さるとかなり強い痛みを伴うため、過去に他院で受けられた方は恐怖心があるかもしれませんが、当院では直接神経根に針を刺すことはせず、その周りに注射しますので、それほど強い痛みは伴いません。
原因となる神経が明らかなときは、硬膜外ブロックよりも神経根ブロックをお勧めします。

▲ページトップに戻る

星状神経節ブロック

星状神経節

自律神経には交感神経と副交感神経があります。痛みがあると交感神経が緊張し、血流が悪くなり、血流が悪くなると、さらに痛みが悪化します。(痛みの悪循環)なので、交感神経をブロックし、血流を改善させると痛みが改善する可能性があります。
星状神経節とは頚部にある交感神経の塊のようになっている部分ですが、ここをブロックすることで、頭・顔・頚部・肩・上肢・上胸部の痛みが改善する可能性があります。
また星状神経節ブロックは突発性難聴、顔面神経麻痺、レイノー症状など痛みではない症状にも適応があります。

▲ページトップに戻る

腕神経叢ブロック

腕に向かう神経は、頸の骨(頸椎)から出たあとに腕神経叢という集まりを形成します。
その腕神経叢に注射するのが腕神経叢ブロックです。
頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症性神経根症、上肢の帯状疱疹関連痛などの上肢の痛みに対して行います。
当院ではエコーガイドに行っています。

▲ページトップに戻る

トリガーポイント注射

トリガーポイント注射

トリガーポイント注射とは筋肉内や筋膜下などに局所麻酔薬を注射する治療法です。
筋肉そのものや筋膜が原因となって起こる痛みに対して行います。
トリガーポイント注射を行うことで、筋肉の緊張が和らいだり、筋肉内の血流が良くなることで効果を発揮します。

▲ページトップに戻る

関節内注射

関節内注射は関節内や関節の一部を構成する袋(関節包)に薬を注入する治療法です。
局所麻酔薬、ステロイド、ヒアルロン酸などを注入し、関節の炎症を和らげたり、関節軟骨を保護したりします。

薬物療法

薬物療法

痛み止めのことを鎮痛薬と言いますが、近年、新しい鎮痛薬が出てきたり、鎮痛薬として開発されていない薬に鎮痛効果があり、適応が拡がったりと使える薬が多くなってきています。
しかし、ペインクリニックで使用する薬には眠気を伴うものが多いため、患者さまの状態を見ながら慎重に投与する必要があります。

▲ページトップに戻る

各種検査について

ただいま制作中です。公開までしばらくお待ちください。

▲ページトップに戻る

心理外来について

心理外来

当院では、臨床心理士による心理外来を併設しており、痛みに対して心身両面からサポートしています。

対象となる症状
当院の臨床心理士のご紹介はこちら
▲ページトップに戻る

診療対象となる主な病気

運動器(脊椎・関節)の痛み

頸椎椎間板ヘルニア・頸椎症性神経根症

頸椎椎間板ヘルニア・頸椎症性神経根症

椎間板ヘルニアや骨の棘によって、腕に行く神経が圧迫されると、腕に痛みやしびれ、筋力の低下を起こすことがあります。
また、ヘルニアや骨の変形によって、頸や肩甲骨の内側に痛みが出ることもあります。
お薬での治療では症状が改善しないときには神経ブロックやトリガーポイント注射を行います。

▲ページトップに戻る

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアが原因で腰痛が出たり、脚に行く神経が圧迫されると、脚に痛みやしびれ、筋力の低下を起こすことがあります。
ヘルニアは自然に小さくなることもあり、痛みだけで手術をすることは滅多にありません。
普通はお薬や神経ブロックの治療を行い、痛みを和らげます。
しかし、それらの治療を行っても、どうしても痛みが緩和せず日常生活に支障が出ているときは、手術の適応になることもあります。

▲ページトップに戻る

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管とは脊椎内の脊髄が通っている管のことです。
年齢とともに、この脊柱管が狭くなることがあり、腰の脊椎で脊柱管が狭くなる疾患を腰部脊柱管狭窄症と言います。
典型的な症状は寝ていたり座っているときは痛くないが、立ったり歩いたりすると脚が痛くなる症状(間欠性跛行)です。
狭くなる部分によっては、両足の痺れだけの人もいます。
お薬の治療でも改善しないときには神経ブロックの適応となります。

▲ページトップに戻る

関節の痛み

関節の痛み

変形性膝関節症、変形性股関節症は年齢とともに関節が変形し、歩行時などに痛みを生じます。
薬物療法やヒアルロン酸の関節内注射などを行いますが、減量や関節回りの筋力アップなどのセルフケアも大切です。
肩関節周囲炎(凍結肩)はいわゆる五十肩と呼ばれるもので、痛みのために肩を上げられなくなります。時間経過とともに痛みは和らぐことが多いのですが、肩の関節が固くなってしまい、可動域が狭くなることがあります(拘縮)。拘縮を予防するためには、薬や関節内注射で痛みを抑えながら、リハビリテーションを行うことが重要です。

▲ページトップに戻る

各種神経痛

帯状疱疹

帯状疱疹

帯状疱疹は子供のころに罹った「水ぼうそう」のウイルスが原因で発症します。
皮膚にチクチク・ピリピリする水疱を伴ったブツブツができます。胸や背中にできる人が多いですが、顔や陰部など体のどこにでもできる可能性はあります。
多くの人は、皮膚の症状が治まる頃に痛みも軽減しますが、①高齢者②皮膚の症状がひどい③痛みが強いなどの特徴がある人は、痛みが残ってしまうことがあります。
6カ月以上痛みが続くと「帯状疱疹後神経痛」という病名が付きます。「帯状疱疹後神経痛」の状態になると、痛みを治療することが困難になります。
皮膚科での治療が終了しても、なかなか痛みが取れない人は早めの受診をお勧めします。

▲ページトップに戻る

三叉神経痛

三叉神経痛

三叉神経痛は顔に出る痛みです。食事のときや、歯磨きなどのときに、片方のおでこ・頬・下あごのどこか1か所か2か所に、数秒から1~2分、かなり強い痛みが出ます。
それ以外のときは、全く痛みがないことも特徴です。まずは薬で治療をしますが、薬にアレルギーのある人や薬を飲んでも効かない人には神経ブロックの治療を行います。

▲ページトップに戻る

頭痛

  • 片頭痛・緊張型頭痛などの一次性頭痛

頭痛

頭痛

急な激しい頭痛は、くも膜下出血など(器質的頭痛)で緊急の治療が必要な可能性もあるため、ペインクリニックでの治療の対象にはなりませんが、片頭痛などの慢性的な頭痛(機能性頭痛)は治療の対象です。
基本的にはお薬での治療がメインになりますが、神経ブロックやトリガーポイント注射を行うこともあります。

▲ページトップに戻る

心因性(慢性)疼痛

痛みには多かれ少なかれ心の状態が影響します。
ごく身近なものでは、何かに集中していると痛みを忘れているということが記憶にあるのではないでしょうか。しかし、場合によっては、心理的な問題の影響で耐えられない程の痛みになったり、薬や、ブロック注射がほとんど効かなったりすることもあります。
このような痛みの原因には、家庭や仕事でのストレスもありますが、大多数は痛みが長引くことによる精神的なストレスや不安、生活困難感や医療不信といったところに存在します。
また、そのような痛みはストレスが原因なだけでなく、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、事故による痛みなど、もとになる痛みが存在していることが多く、治療には心の治療だけでなく、身体の治療も一緒に考えることが必要です。
当院では、臨床心理士による心理外来を併設しており、痛みに対して心身両面からサポートしています。

心因性(慢性)疼痛
▲ページトップに戻る

クリニック情報

診療時間

診療時間
09:00~12:00
15:30~18:30

休診日 木曜日、水曜の午後、日曜・祝日

…土曜日は9:00~14:00まで

※木曜日は三田市民病院で診療を行っております。

※初診受付は診療時間の30分前まで(土曜日の初診受付は11時30分まで)

当クリニックでは、待ち時間短縮のため「予約優先制」を採用しています。
ご予約は「電話・インターネット予約」のどちらでも可能です。
ご予約なしでも診療いたしますが、予約の方を優先するため待ち時間が長くなることがあります。

クリニックのご案内

かみはらペインクリニック地図

〒669-1541
兵庫県三田市貴志141-1

→GoogleMapで見る

かみはらペインクリニック最寄りバス停 神姫バス「貴志」バス停すぐ

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:079-564-1715

駐車場完備

PAGETOP
Copyright © 2018 かみはらペインクリニック All Rights Reserved.